無事転居を済ませても、電気や水道が使えなければ困ります

無事転居を済ませても、電気や水道が使えなければ困ります

無事転居を済ませても、電気や水道が使えなければ困りますので、色々と事前の手続きが必要です。そしてこれらのライフラインと共にできればネットも使えるよう、整えておきたいものです。

 

 

現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合は転居をきっかけに解約すると良いですし、特に不満もなく、このままでいい場合は、契約を終わらせてしまうのではなく住所変更のみ行いましょう。ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。ただし、引越し先のネット環境によっては工事などをすることになります。

 

時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。私は地方出身だったので、今まで3回引っ越ししています。

 

引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、毎回苦労するのが荷作りです。
単身者が引っ越す場合、私の経験では多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。

 

 

 

無料で手に入るスーパーのダンボールや、クラフトテープと比べれば運んだときに差が出ます。

 

 

 

途中で荷物が壊れないようにするためにも、何とか手に入れたいものです。数年前になりますが、新居が完成してそこへ引っ越したのですが、何といっても、デスクトップパソコンの移動にあらゆる手を尽くしました。このとき、3歳になる娘と1歳の息子の画像データが全てパソコンのドライブ内にあったため、運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、クッション材はたっぷり使いました。

 

パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。

 

今住んでいる家へ引越しをした時は、きっかり春の繁盛期でした。

 

 

とにかく引っ越し業者が大変で、なかなか自分が予約したい時に予約ができず、すごく大変でした。

 

 

最終的に、午前中でまるごと全部を終わらせるという大変なプランになってしまいましたが、しかしながらどうにか引っ越し作業は終わりました。

 

家移りを経験した方なら必ず行ってきたことですが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。私も、世帯での引っ越し経験があります。

 

 

 

さほど難しくない手続きで解約できます。

 

 

旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので決して忘れてはなりません。

 

また、転居した月の月末まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。

 

 

転居に必要な手続きの一つは、インターネット回線のプロバイダーへの連絡です。結構見落とされることが多く、荷物も人も移転しているのに、インターネットが使えなくて青ざめる、そういう話は実際にあるのです。当然ながら、引っ越しが重なる時期になれば開通に数週間かかることも珍しくありません。いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも一日でも早く行うべきです。引越しにつきものなのが粗大ゴミの整理です。
引越しの時に処分するのは手がかかって大変ですから、早めに大きな粗大ゴミは捨てていくことをすすめます。荷物をまとめ始めるのと同時に粗大ゴミを処分しておけば、のちほど楽になります。

 

処分日を前もってチェックしておくと安心です。引っ越しの予約を入れておきながら、直前になってキャンセルをすると、キャンセル料を請求されることがあります。
業者は、実は見積もりを出す時に、どういった時にキャンセル料金が発生するかを説明することになっています。ところが、口頭でなく書面で示されるとキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、予約を入れたらそのタイミングで、キャンセル料について詳しく質問しておく方が良いかもしれません。