家族揃って今年の春に引っ越しを経験し

家族揃って今年の春に引っ越しを経験し

家族揃って今年の春に引っ越しを経験しました。
元の家を建て替えるためにすぐ近くの家に引越しました。
引っ越し時の荷物運び等は友人に手伝ってもらったので、引っ越し費用はかかることはありませんでした。

 

 

ただ一つだけ苦労したことは、私が小さかった頃からずっと愛着があったピアノが運び辛いうえに重く、運ぶ際に苦労をしたことです。

 

 

 

私も転出した際に運転免許の住所を取り替えました。

 

移動をしないと、交換の手続きが会長にできません。住民票を動かすのと同じように速やかに運転免許も変更しておいた方が後々が安心です。

 

亡失せずに、実行しておきましょう。新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、ぜひ、ざっくりとでいいですから、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。

 

荷物の梱包などを極端に早く開始すると生活を送るのに不便を感じるようになりそうですし、あまりスローペースだと、予定に間に合わなくなることも考えられます。
ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから梱包していけばスムーズに進めていけそうです。引越しをするときのコツとは、新居の間取りを頭に入れておいて、荷造りを行っていくというものです。
段ボールに荷物を詰める時に、荷物をどの部屋に収納するのかをあらかじめ決めて、段ボールの外側に記しておくと新しい家に入居してから余分な労力を省くことができます。他に、手続きに必要な物事は順に計画的にこなしていくと良いです。

 

つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときまずクローゼットを空にしてみるともう使わないものが大半だったので呆れかえりました。奥の方から出てきた服は何年もしまい込んでいたものが多かったのです。

 

そんなわけで、引っ越しのためにいらないものを手放すことができ、クローゼットも、自分の心の引き出しも整理することができました。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、引っ越し前と後の近所の人に挨拶しておいた方が新しい土地でうまくやっていくコツだと言えます。

 

挨拶をしなかったせいで隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。
今後のコミュニケーションを円滑にするためにも、隣人には、出来れば挨拶をしておいた方が良いと言えます。何かサービスを受けた時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人はかなり大勢います。大変な仕事を、無事に終わらせてくれた作業員に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、さらに飲み物や軽い食べ物、お菓子などを準備する人もいます。

 

 

 

こういったことをする必要は、本来全くないのですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしてもやはりとても嬉しいもののようです。

 

以前に私は分譲マンションで二人用のベッドを使用していました。
事情があってそのマンションを手放し、スペースが限られた賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが大きすぎて部屋に配置できないことがわかりました。仕方なく親しい仲間に譲り、滞りなく引越しを終えましたが、改めて購入したベッドは再度引越した時に入らないと困るので、大きくないシングルベッドにしました。